どんこのブログ

おかあさんの覚え書き

裁縫道具

小学校5年生ごろ、家庭科で必要になるため購入する裁縫道具。

学校から裁縫セット購入案内のリーフレットをもらって帰ってきたりした記憶が、わたしにもまだある。

小学生ぐらいの頃って、みんなと同じがいい、とか、学校からもらったリーフレットから選びたかった、とか思う人もいるのだろうけれど、わたしはある程度良いものを選んで買った方が良いと思うのだ。

お裁縫を仕事や趣味よくやる方は、良いものを後々購入しなおしたりすることもあるだろうけど、たま~にしかやらないわたしは、いまだに小学校の時に買ってもらったセットを使っている。

母が書いてくれてた名前のシールもまだきれいに残ってるよ。

けして、購入案内の商品が良くない、とか言っているのではない。

悪くないからこそ、壊れもせず不便もなく、何十年も使い続けられているわけなので。

ただ、小学生が好みそうなパステルカラーだったり、かわいい柄のケースだからね。

気に入らないなら買い替えればいいと思うかもしれないけど、生活には優先順位ってものがあるから、たいして使わない、不便がないものは一番後回しなわけだ。

というわけで、特にこだわりがないうちの子たちの裁縫道具は、わたしのおすすめを選ばせてもらった。

長く使えるものや、毎日使うものは、厳選した結果少しだけ出費がかさんでも良いと思うのだ。

という言い訳。

4月は出費がかさみますね。

 

話それるけど、ネットで見かけた水彩絵の具セットが数年でとても進化していて驚愕した。